ラフティングの格好や装備は?

【料金に含まれる基本装備】

①ウェットスーツ
つなぎになっています。長ズボン、袖なしのものです!

 

 

 

②ジャケット
ウェットスーツと同じ素材のもので、つなぎ型ウェットスーツの上に着ます。

 

 

 

※お子様の場合
サイズにもよりますが、ウェットスーツがつなぎで長袖タイプの場合もあります。
その場合は、ジャケットはついていません。

③ライフジャケット

 

 

 

④ヘルメット

 

 

 

【お客様にご用意いただくもの】

(基本)
●水着、または濡れてもいい下着
●タオル
●お着替え
●濡れてもいいスニーカーやアウトドア用サンダル(例↓)

 

 


⇒クロックス及びかかとの固定ができないものは不可です。

ご希望の方にはキャニオニング用マリンブーツを貸出できます。
(別途レンタル料300円)

(あると便利)
・ラッシュガード
・メガネの方はメガネバンド、またコンタクトの方は替えのコンタクト

【格好パターン】
※ライフジャケットとヘルメットは、必ず装備します。

①基本スタイル

水着→ウェットスーツ→ジャケット

②本格スタイル(暑くてジャケットを着たくない方おすすめ!)

水着→ラッシュガードや濡れてもいいTシャツ→ウェットスーツ
※露出が気にならなければ袖なしのままでもいいのですが、女性の場合は脇の部分から水着が微妙に見えてしまいます。

③軽装スタイル(着替えが楽!…だけど川に入ったら少し寒いかも?)

水着→ラッシュガードや濡れてもいいTシャツ&ショートパンツや海パンなど のみ

ウェットスーツの中に着る水着や下着について、、、
・男性の場合
ウェットスーツの中に着るので、海パンは割とごわごわ。。濡れてもいいボクサーパンツやブーメランパンツがおすすめ!

・女性の場合
安心して下さい。水着になることがあるわけではありませんよ~!なっても、いいですけどネ☆
(ただし、ツアー後に利用できるシャワーは屋外です。)
・お子様の場合
水着の代わりに、肌着や下着で来る方も多いです!

ラフティングは、軽装からしっかり装備までお客様の好みでツアーに参加できますが、
安全性の責任がとれなくなる場合もあります。
判断につきましては自己責任でお願い致します。

ラッシュガードは何に使うのですか?

別項目のQ&A”格好について”をご参考いただく通り、

暑い日ですとジャケットを羽織るのが暑くて嫌だ!という場合があるので、
ラフティングの場合は、ウェットスーツやジャケットを着ないでも参加ができます。
(キャニオニングの場合は、安全上、渡された装備でツアーをしていただきます。)

その際、
水着→ラッシュガード→ウェットスーツという形で、使用ができます。

また、逆に寒い日や水温が気になる場合は、ジャケットの中にもう1枚着ると防寒できます。
(これはキャニオニングも同様です!)
夏場は気温は暑いですが、川の水はとても冷たいです。
体温調節に不安がある方はあるとなにかと便利ですよ☆

また、DNにも数量ですが女性用のラッシュガードのご用意がありますので、
ご利用になりたい場合はお気軽におっしゃってください!

持ち物は??

基本的には

水着・タオル・やる気!だけ!

 

(詳しく言うと、、、)

【基本】

・水着または濡れてもいい下着など(ウェットスーツの中に着ます)
・タオル

【ラフティングのご予約の方のみ】

・濡れてもいいスニーカーやアウトドア用サンダル
⇒クロックス及びかかとの固定ができないものは不可です。
ご希望の方にはキャニオニング用のマリンブーツを貸出できます。(別途レンタル料300円)

【あると便利なもの】

・ラッシュガードや濡れてもいいTシャツ
・メガネの方はメガネバンド、またコンタクトの方は、替えのコンタクト

詳しくは別項目のQ&A、”格好について”をご参考くださいね!